Bridal Salon Lamarna|ブライダルサロン ラ・マーナ

横須賀・横浜の結婚相談所
080-4796-7290
お問い合わせ
 · 

婚活男性「楽しい会話?」勘違いしていませんか?

本日の婚活男性のお悩み、あなたはこんなことありませんか?

 

持ちネタを出して楽しく会話ができた、雰囲気も良かった。

はずなのに。。

次回のデートに誘うと、既読スルー

「楽しかったと思ったのに、どうして?」

 

このブログを最後まで見て頂くことで、会話の勘違いを知り、本当の意味で楽しい会話ができて、女性と次のデートに繋がることができます。今すぐに実践できる内容ですので、参考にしていただけると嬉しいです。

では、本題です。

面白い話について

例えば、こんな男性の話。。(ここから少々長めです)

「ぼくは設計の仕事をしています、きっかけは子供のころ社会科見学で、ものを作るって凄いと思って、大学も設計に進みこんな資格をとり、現在の仕事につくことが出来たのですが、まあ色々とやっていると実際に行うことでは違うと言うか、先輩に同じ大学区出身の方がいて、3年は頑張らないととおっしゃるので、確かに3年経ったことがから、仕事の要領がわかってきて、現在は、〇〇区にあるあそこの橋は自分たちの会社も手掛けてるんですよ、自分はそこまで関わってないけど、今までにない画期的な技術の集合と言うか、あ、こんな話してもわからないですよね。で、その橋は、素材が今までのものと違ってまずは重さなんですよ、重さが軽い素材でも、耐久性の面でも・・・・・・・

今回も、女性と次回のデートに繋がらなかったようです。

 

「会話できたし、楽しかったのにどうして?」

 

そこで、男性は会話の内容が違ったのではないか、仕事ではなく、もっと身近な女性が好きそうなもの、前回の反省を活かし、女性が興味を持ってくれそう話をしよう!

うちで飼っている、ペットの猫の話をしよう。

 

息を吸う間もないぐらい、流暢にペットの猫ちゃんの話をします。

女性に猫の写メを見せると「うわー可愛い、お名前は?今いくつですか?」と沢山質問をしてくれます。

男性は(よっしゃ!、やっぱ仕事じゃなくて猫の話はよかった!)と、小さくガッツポーズをします。掴みOKとつぶやきました。

翌日、意気揚々とデートのお誘いをしたものの、今回もお礼の連絡だけでデートには繋がりませんでした。

 

「またか、自分のどこがいけなかったんだろうーーー」

 

すっかり落ち込む男性、どうしたらよかったのでしょうか?

また、何が原因で次回のデートの誘うことができなかったのでしょうか?

話下手でいい、ちゃんと聞き上手になっていますか?

前提に覚えておいて欲しいことは、人は誰しも自分に興味関心があるのです。

と言うことは、話上手よりも、聞き上手になること、男性は「自分の話を沢山して、自分の良さを知ってもらおう!」と自分の話をすることに忙しかったようです。

 

振り返ってみると、女性に対し、興味と関心をもって、上手に質問をしていたでしょうか?

自分の話す話題ばかりに気を取られ、目の前に素敵な女性がいるのに、自分アピールばかりでは、女性はどんな風にかんじるのでしょうぁ?

「あーちょっと疲れたなー、悪い人ではないと思うけど、、Lineきた!話が長そうだし、誘われたけどちょっと無理かな」と思うのです。

(改善)

ゲストではなく、ホストになる

ゲストはお客様・ホストは主催者

主催者は、お客様に楽しんでもらう。

だから楽しい会話と思い、がんばって話を面白くしていたつもりだったんですね。

そうではなく、女性が話しをするときに、(聞き上手)リアクションを磨き、女性に上手に質問をすることです。

男性「へぇ、犬を飼ってるんですね、いつから飼ってるんですか?」

女性「2年前から」

男性「そうなんですね、飼い始めたきっかけは?」

女性「もともと実家で飼っていて、子供のことから犬がいる生活とか普通だったから、犬がいないと寒しくて」

男性「へぇ、たしかにそうですよね。疲れて帰ってきてワンちゃんがいると癒されますよね」

女性「そうそう、ホッとすると言うか、イヤな事を犬に聞いてもらったり。。」

 

とこんな感じです。

猫を飼っている男性は、犬の事を話せない、種類とかわからないし。。と思うかもしれないけれど、要するに聞き上手に徹しゲストから話を引き出すことが出来ればよいのです。

間違っても、

男性「へぇ、犬を飼ってるんですね、ぼくも猫飼ってるんです。」

女性「へぇ、猫ちゃんもかわいいですよね。猫ちゃんを飼い始めたきっかけは?」

と、ならないように、女性の話を、ちゃんと聞いてから反応をしましょう。

せっかちにならないようにしましょう。

 

話を聞いていると、だんだん犬の事を知ることも、女性の事を知ることもできるのです。

 

そして、徐々に、休日は何をしているの?映画は好きですか?など自分の話も織り交ぜながら話題を広げていきます。

男性「ぼくもその映画観ました、結構好きで、3,4回観ています、最後がいいですよね」

女性「私も実は4回観ています(笑)」

男性「そうなんですかーなんか嬉しなー」

 

とこんな流れになるでしょう。

同じペースで丁寧にちゃんと話を聞く、ように心がけてくださいね。

 

まとめ

面白い話をして、沢山じゃべって、自分を知ってもらうことは逆効果、

相手に興味関心をもって、お相手の女性の話を丁寧に聞き、質問する。

焦って先走りにならないよう、また形だけの形式的な質問にならないよう、心から興味関心を持つことが肝心。

リアクション(反応)をしてから質問をしてみましょう。