· 

108本「結婚してください」のラブストーリー

 

108本のバラの花束を持ったことないけれど、思いっきり手を広げて抱えるようなこの写真Aちゃん~

 

おめでとう~!

 

婚活は上手くいくことばかりではなくて、辛い経験もして一度は「婚活辞めます!」と言ったAちゃんが、

あとすこしだけ頑張ると言ってくれた。

ちょうど同じころに同じような経験をしたLちゃんの話をした、もちろん個人名は伏せているけど、Lちゃんも一つの覚悟を決めていた。覚悟とは、これから出会った人は

‘‘どうしても生理的に受け付けない限り自分からNGはしないと決めた‘‘そしてAちゃんも

覚悟をきめた。

しかし簡単に言っても、これはなかなか骨の折れる話だ。できるだけ相手の良い所をみようともの凄く努力していることも分かったし。前向きに前向きに

何かが吹っ切れたように、頑張りすぎるぐらいがんばっていた。

 

彼女の体調とメンタルをLineや面談、デートの振り返りを確認しながら、無理をし過ぎないように見守っていた。

 

【運命の出会い】 

 

そんな時、思いもしないAちゃんの申込ミスから、お見合いOK返事が入る。勘違いと言うもはプロフィール上、彼女の希望していない条件なのにAちゃんが確認ミスで申し込みをしたと言うこと。

 

あとで気が付いたとしても、こちらからの申しこみだから、せっかくだから会おう!とお見合いを終え、

 

仮交際へ進むことになった。仲人画面の交際管理を確認すると、やたらと早いペースでデートを繰り返してる交際があった。他の仮交際の方といつ会うの!!と言うぐらいの凄まじい勢いで週5回ほどのデートをしている。

 

会っている時にまた明日も会いたいと。余程の予定がない限りAちゃんカップルは仕事帰りの夕方から待ち合せて会っていた。帰りはAちゃんを自宅近くまで送り届け、愛を育んで行った。Aちゃんは他の男性は1回位重なったかなぐらいで、彼の凄まじい予定詰め込み攻撃で、Aちゃんの予定は全日空きスペースなしとなった。デートがおわると速攻で振り返りを書いてくれた。わたしも振り返りに速攻で返事して、助けられたのは、頭の良いAちゃんの語彙力に助けられ手に取るような状況を感じながら、返事を書く。

ピーク時は連日続く。

帰宅が遅い時は、朝振り返りをくれるのでこちらも朝のうちに返事をする、そんな二人も乗り越えなければ行けないことがそれなりにあった。住むところ、彼の仕事のこと、心配な事色々とあった、交際から1か月も経たないうちから結婚を意識した動きになっていた。ただ楽しいデートをするだけじゃなく、課題を一緒に向き合って解決して、同じ時間をできるだけ一緒に居た。

108本のバラ「結婚してください」の思いを込めて。

 婚活ってなかなかなんで

上手くいかないんだろう・・と落ち込んでいたAちゃん。

 

108本のバラの花を一生懸命かかえ、「こんなに私を愛してくれる人に出会えるなんて!」と最高の笑顔を見せてくれました。

108本のバラ「結婚してください」の思いを込めて。

 

上手くいかないときは、あれもこれもと理由を求めてしまいますが、

 

とにかく絶対にあきらめないこと!それに尽きるのかなと思います。

 

あきらめないで続けることが成婚への近道です。

 

Aちゃんのこの経験はどれだけの婚活女子の勇気につながるんだろうと思わずにはいられませんでした。

 

 

 

おめでとう!末永くおしあわせに!