· 

10年の思いが実を結び結婚

横浜横須賀逗子札幌の結婚カウンセラー

頑張るあなたの婚活をとことん応援する仲人、岩野ゆかりです

 

 

 

私、岩野と「同じ3月の結婚記念日だよね~~!」って話から

地元の友人、私より少し年上のお姉さまご夫妻と私の3人で、結婚記念日のお祝いをしました。

(うちの夫は横須賀にお留守番)

夫妻はまだまだ、新婚2年目の結婚記念日、

でも、交際期間は10年以上、、

出会いはもっともっと前20年ぐらい、、。

 

お姉さまは私 初婚

結婚しない主義のバリバリキャリア女子

なぜ、これまで独身を貫いてきたのか!!!

「結婚すると束縛されそう!!!、わたし自由に暮らしたい!!!」

一言で言うとこんな心境だったようです。

 

ご主人様はパパ再婚 懐の広いダンディーな大人の男性。

根気強く、彼女のガチガチの凝り固まった固定観念がほどけるまで

待ちました。

待つこと10年あまり、、、

 

ある日やっと、お姉さまの入籍OKサインが出たので、

おもいたったら吉日!彼女の気が変わらいうちに入籍の運びとなりました。

その場で、婚姻届けをお姉さまに書かせて

翌日9:00の役所開始を待ち、速攻で提出したというエピソードがございました。

 

わたしとしては、

友人ご夫妻の10数年あまりを、ずっと見てきたので、

お姉さまがどれだけ、頑固に結婚に拒否していたか!

反対にご主人様が、それだけお姉さまと結婚したかったか!

ずっと見てきました。

だから、「入籍したよ」とあっさり伝えられた時は、感動で胸が熱くなりました。

 

驚いたのは、

入籍に使用した、婚姻届けの用紙は私が彼に差し上げたものでした笑い泣きドキドキビックリマーク

傍で見ていた私がヤキモキしちゃって、私が役所からいただいてきて渡した婚姻届けを

彼は自分の所を記入して、大事に大事にいつもバックにしたためておいたそうです。

 

私、よくお姉さまを脅かすような笑こと言ってましたよ

(このころからお節介ぶりはありましたね!)

責任取って結婚したらとか、

一人の男をここまで尽くさせて!とか

考えたら余計なお世話ですねえーあせる

まさに彼の一途な愛が実を結んだ入籍でした。

 

バタバタの入籍騒動、あれから2年

2018年3月

 

結婚2年目を迎え、

心境はいかに、、

 

長くなったので続きは明日照れ

また見てくださいねドキドキ

 

 

さて、今日も最後までお読みいただきありがとうございます